ホットウィール エクステンド

ホットウィールの入手記録。

ホットウィール発売一覧

2019年

・Aアソート

・Bアソート

・Cアソート

・Dアソート

・Eアソート

・Fアソート

・Gアソート

・Hアソート

・Jアソート

・Kアソート

・Lアソート

・Mアソート

・Nアソート

・Pアソート

・Qアソート

・Kmart Exclusive

・TARGET RED EDITIONS

・ZAMAC EDITIONS

・DETROIT MUSCLE

・BACKROAD RALLY

・OFF ROAD TRUCKS

・FORZA HORIZON 4

・AMERICAN PICKUP

・Throwback Series1

・Throwback Series2

・FAST & FURIOUS

・LARRY WOOD 50

・SATIN & CHROME

・CAR CULTURE Gulf Racing

・CAR CULTURE OPEN TRACK

・CAR CULTURE SILHOUETTES

・CAR CULTURE STREET TUNERS

・CAR CULTURE DESERT RALLY

・CAR CULTURE TEAM TRANSPORT MIX C

・CAR CULTURE TEAM TRANSPORT MIX D

・CAR CULTURE TEAM TRANSPORT MIX E

・CAR CULTURE TEAM TRANSPORT MIX F

・POP CULTURE Disney

・POP CULTURE X-MEN

・POP CULTURE THE BEATLES

・FAST & FURIOUS PREMIUM Fast Imports

・FAST & FURIOUS PREMIUM Original Fast

・FAST & FURIOUS PREMIUM 1/4 Mile Muscle

・FAST & FURIOUS PREMIUM FURIOUS OFF-ROAD

・REPLICA ENTERTAINMENT Mix M

・MARIOKART Mix A

・MARIOKART Mix B

・COLLECTOR EDITION

※この発売一覧は個人的に備忘用に使用するものであり、日本国内・国外で発売されているもの全てを網羅するものではございません。また、実際の発売とは異なるケースもございます。

2019年メインライン Qアソート

2019年メインライン Qアソート

No 名前 セグメント TH 画像
250 MOD ROD FACTORY FRESH    
249 TOMB UP STREET BEASTS    
248 '67 CAMARO HW ART CARS TH  
247 '83 CHEVY SILVERADO HW ART CARS    
246 PORSCHE 911 GT3 RS FACTORY FRESH    
246 PORSCHE 911 GT3 RS FACTORY FRESH STH  
245 LAMBORGHINI HURACAN FACTORY FRESH    
244 JAGUAR XE SV PROJECT 8 FACTORY FRESH    
243 '69 DODGE CHARGER HW RACE TEAM    
234 JAGUAR XJ220 HW EXOTICS    
198 '64 NOVA WAGON GASSER HW RACE DAY    
197 DRIFTSTA HW RACE TEAM    
195 RODGER DODGER 2.0 MUSCLE MANIA    
192 '10 FORD SHELBY GT500 SUPER SNAKE HW RACE TEAM    
191 DRAGGIN' TAIL STREET BEASTS    
190 FAST GASSIN' HW METRO    
189 QUICK BITE HW METRO    
188 '64 CHEVY NOVA WAGON HW ART CARS    
185 '19 FORD RANGER RAPTOR HW HOT TRUCKS    
184 '91 MAZDA MX-5 MIATA HW SPEED GRAPHICS    
183 CLASSIC '55 NOMAD ROD SQUAD    
179 DODGE CHALLENGER DRIFT CAR NIGHTBURNERZ    
164 '68 MERCURY COUGAR HW FLAMES    
125 SKULL SHAKER EXPERIMOTORS    
66 JUSTICE LEAGUE BATMOBILE BATMAN    
23 CUSTOM '77 DODGE VAN SUPER CHROMES    

BUNS OF STEEL

BUNS OF STEEL

f:id:yusoanum:20191026140025j:image

2019年Gアソート、HW METROセグメントからBUNS OF STEELです。昨年デビューの鋼のおケツが今年も登場しました。


f:id:yusoanum:20191026140019j:image

今作のボディーカラーはライトブルーです。ホットな食べ物にクールなブルーがちょっとミスマッチな気もしますが、カラーバリエーションが増えるのは歓迎。


f:id:yusoanum:20191026140042j:image

サイドにはメニューとコックさんが描かれています。前作の凶暴そうなハンバーガーマンと違って優しそうですね。


f:id:yusoanum:20191026140022j:image

リアから。実は前作まではリアにソフトドリンクのカップを模したエギゾーストが付いていたんですが、今作でオミットされちゃいました。


f:id:yusoanum:20191026140028j:image

こちらがファーストモデル。これ、アイデアも造形も凄く良かっただけに無くなったのが残念でなりません。


f:id:yusoanum:20191026140039j:image

ポテトとハンバーガーのクオリティはキープ。バンズの表面とかチーズの垂れ具合とか、表現豊かで本当に美味しそうです。


f:id:yusoanum:20191026140035j:image

後ろから。


f:id:yusoanum:20191026140031j:image

わずか1年でコストカットの憂き目にあってしまいました。。ファーストモデル、大事にします。。

SPIDER MOBILE

SPIDER MOBILE

f:id:yusoanum:20191026134147j:image

2019年Gアソート、HW SCREEN TIMEセグメントからSPIDER MOBILEです。最初、スパイダーマンを無理矢理車に落とし込んだのかな?と思ったんですが、どうもスパイダーマンのコミックに実際に登場した車らしいです。San Diego Comic Conの限定品やReplica Entertainmentでリリースされていましたが、ベーシックでも登場。本国だと馴染み深いのかなあ。

 

f:id:yusoanum:20191026134157j:image 

丸っこいフロントに、キョロっとした眼をした可愛らしい顔。原作通りの形をしていて、ミニカーとしては良く再現していると思いますが、スパイダーマンって凄い俊敏なイメージがあるので、そもそもなんでこんなキュートなデザインになったのかは気になるところです。


f:id:yusoanum:20191026134155j:image

サイドから。上半分がレッド、下半分がブルーのスパイダーマンカラーのボディ。レッドの部分は蜘蛛の巣模様が入っています。ホイールはSDCC版とかはスパイダーマンの顔を模していましたが、ベーシック版は普通の5SPです。


f:id:yusoanum:20191026134144j:image

リアは実車の画像を探せず、何が正解かわかりませんでした。


f:id:yusoanum:20191026134203j:image

ボンネットの絵柄がコミックに登場するものとは違っていて、スパイダーが描かれています(本編ではブルー一色)。ベーシックで少しオリジナル要素を入れたんですね。


f:id:yusoanum:20191026134200j:image

後ろから。


f:id:yusoanum:20191026134151j:image

スパイダーマンが専用のバギーに乗ってたっていうのを、今回ホットウィールを通じて知りました。いつか北斗の拳のバギーとか出してくれないかな。

TUR-BONE CHARGED

TUR-BONE CHARGED

f:id:yusoanum:20191026120535j:image

2019年Gアソート、ROD SQUADセグメントからTUR-BONE CHARGEDです。巨匠LARRY WOOD氏が手掛けたホットウィールを代表する車と言えばBONE SHAKER、今作はその次世代車です。デザイナーはwikiによるとなんとLARRY WOOD氏ご自身。今のところ氏によるデザインは今作以降見ていないので、次の世代への想いみたいなものを勝手ながら感じました。まだまだデザインして欲しいですね。

yusoanum2.hatenadiary.jp

 

f:id:yusoanum:20191026120625j:image

フロントは初代BONE SHAKERを思わせる髑髏と手が特徴的です。顔は面長になりましたね。そして、手はランプだったのがフェンダーになりました。腕も長くて、おどろおどろしさが一層増した感じ。小さな子供には怖いぐらいかも。


f:id:yusoanum:20191026120617j:image

ブラックのボディにレッドを挿し色としたカラーリング。中央に巨大なタービンを搭載しています。名前のTUR-BONEはTURBINEをもじったんですね。BONE SHAKERの場合、サイドのエギゾーストが凄くホネホネしてて良かったんですが、今作は長い腕に取って代わったのかな。少し骨要素が足りないように思いました。


f:id:yusoanum:20191026120611j:image

リアから見たタービン。凄く大きくて、相当パワーがありそう。飛行機のジェットエンジンみたいな迫力があります。


f:id:yusoanum:20191026120614j:image

レッドのクリアパーツに覆われている部分が運転席です。やはり顔と手の存在感が格段にアップしているので、車らしさを残しつつ、ZOMBOT級のキャラクターの濃さもありますね。

yusoanum2.hatenadiary.jp

 
f:id:yusoanum:20191026120628j:image

後ろから。


f:id:yusoanum:20191026120621j:image

少し残念だったのは、車体が凄く軽かったんですよね。次世代BONE SHAKERってなると、どうしても事前の期待値が凄く高くなってしまったのか、手に持った瞬間の軽さとプラスチックな肌触りに拍子抜けしてしまいました。コストとか色々大変なんでしょうけどね。。新たな50年へ向けて、世代交代出来るかな?