ホットウィール エクステンド

ホットウィールの入手記録。

ホットウィール発売一覧

2019年

・Aアソート

・Bアソート

・Cアソート

・Dアソート

・Eアソート

・Fアソート

・Gアソート

・Hアソート

・Jアソート

・Kアソート

・CAR CULTURE Gulf Racing

・CAR CULTURE OPEN TRACK

・CAR CULTURE TEAM TRANSPORT MIX C

・CAR CULTURE TEAM TRANSPORT MIX D

・CAR CULTURE SILHOUETTES

・POP CULTURE Disney

・POP CULTURE X-MEN

・Kmart Exclusive

・TARGET RED EDITIONS

・ZAMAC EDITIONS

・DETROIT MUSCLE

・BACKROAD RALLY

・OFF ROAD TRUCKS

・AMERICAN PICKUP

・FAST & FURIOUS PREMIUM Fast Imports

・FAST & FURIOUS PREMIUM Original Fast

・FAST & FURIOUS PREMIUM 1/4 Mile Muscle

・Throwback Series1

・Throwback Series2

・REPLICA ENTERTAINMENT Mix M

・MARIOKART Mix A

・COLLECTOR EDITION

※この発売一覧は個人的に備忘用に使用するものであり、日本国内・国外で発売されているもの全てを網羅するものではございません。また、実際の発売とは異なるケースもございます。

'67 JEEPSTER COMMANDO

'67 JEEPSTER COMMANDO

f:id:yusoanum:20190715133952j:image

2019年Dアソート、HW HOT TRUCKSセグメントから'67 JEEPSTER COMMANDOです。新モデルでした。デザイナーはDmitriy Shakhmatov氏。1967年のJEEPSTERはKaiser Jeepが発売した乗用車です。何となくJEEPのイメージやネーミング的に軍用車かと思ってしまうんですが、これは一般向けの普段使いが出来る車種。COMMANDOはソフトトップが付いた上位モデルです。

 

f:id:yusoanum:20190715133937j:image

フロントは伝統のJEEPフェイスです。文法どおりの丸型ランプと7スロットグリル。バンパーにはウインチが備え付けてあります。


f:id:yusoanum:20190715133948j:image

サイドから。ドアにはEARLE MOTORSのロゴが描かれています。カリフォルニアにあるバイクのカスタムメーカーです。ホイールはBAJA5。2-TUFFでデビューした2019年の新作ホイールが今作でも登場。


f:id:yusoanum:20190715133945j:image

リアにはバイクが積んであります。この手の付属パーツって結構大雑把な作りになることもありますが、この手の込みようは凄いですね。準主役と言って良いレベルかも。


f:id:yusoanum:20190715133954j:image

見た感じ、サイドドアに描かれていたEARLE MOTORS社のIL MOSTRO(Ducati Monsterのカスタム?)がモチーフになっているようです。


f:id:yusoanum:20190715133931j:image

ルーフには荷物を載せられるラック、そしてラリー用のランプが付いています。


f:id:yusoanum:20190715133934j:image

後ろから。


f:id:yusoanum:20190715133941j:image

車種自体が新モデルで楽しくて、さらにバイクを積むことでストーリーを想像できる素晴らしい一台ですね。

'19 CHEVY SILVERADO TRAIL BOSS LT

'19 CHEVY SILVERADO TRAIL BOSS LT

f:id:yusoanum:20190715091007j:image

 2019年Dアソート、HW HOT TRUCKSセグメントから'19 CHEVY SILVERADO TRAIL BOSS LTです。2019年デビューの4代目SILVERADO、TRAIL BOSS LTはオフロード仕様モデルです。

 

f:id:yusoanum:20190715091041j:image

フルサイズのトラックで大迫力なうえ、結構アグレッシブでキリッとしたフェイス、これはかなり格好良いです。LT仕様は本来グリルやバンパーがブラックで、ホットウィールでもファーストモデルは忠実に再現されていました。今作は全面メッキになったので、ブラックと比較するとちょっとボヤけた感じもするんですが、造形が素晴らしいのと、クロームも似合っているので満足です。

 

f:id:yusoanum:20190715091044j:image

サイドから。ブルーのボディに泥が跳ねたようなブラックとイエローのペイント。いかにもオフロードカーらしいデザインです。後方にはTRAIL BOSSのロゴ。ホイールはオフロード用の6SPです。

 

f:id:yusoanum:20190717155035j:image

メッキのリアバンパーは、両サイドの足掛けの部分まで再現してあって、作り込みが素晴らしい。テールゲートにはエンボス加工でCHEVROLETの文字が描かれています。


f:id:yusoanum:20190715091056j:image

ボンネットをブラックで引き締めつつ、ルーフにはサイドと同じデザインを適用。また、サンルーフが付いています。


f:id:yusoanum:20190715091050j:image

後ろから。


f:id:yusoanum:20190715091054j:image

フルサイズのアメリカントラック、堪らないですね。

DODGE CHARGER STOCK CAR

DODGE CHARGER STOCK CAR

f:id:yusoanum:20190714152046j:image

2019年Dアソート、HW RACE DAYセグメントからDODGE CHARGER STOCK CARです。日本だとストックカーレース自体マイナーで馴染みがないかも知れませんが、北米では人気のレースです。最も有名なのがNASCARですね。今作はそのストックカーレース用で、名前はDODGE CHARGERながら、実際はカウルを被った別物。以前は実車ベースがルールだったものが、スピードや安全性を求める流れから今のような外観だけを似せたものになりました。

 

f:id:yusoanum:20190714152116j:image

フロントから。フェイスはランプもグリルもありません。それ自体は実際そういう車なんで構わないんですが、車種がわかりづらいのはちょっと残念。ランプのところが少し窪んでいるのがCHARGERのポイントかな。ファーストエディションではパーツがしっかり描かれていて、その絵柄と年代から3代目のCHARGERがモデルっぽいです。


f:id:yusoanum:20190714152122j:image

サイドは書き込みが素晴らしいです。クライスラー系なのでMOPARのロゴを主張しつつ、前方にはデカールがビッシリ。運転席側のウインドウには防護ネットが付いています。


f:id:yusoanum:20190714152110j:image

リアには大きなスポイラー。ビス留めがリアルです。


f:id:yusoanum:20190714152125j:image

ボンネットにも大きくMOPARのロゴ。ルーフにはゼッケン6番です。ウィンドウには補強用のバーが付いています。


f:id:yusoanum:20190714152113j:image

後ろから。リアウインドウにも補強バー付き。


f:id:yusoanum:20190714152119j:image

ストックカーレースがF1より人気の北米ならではのラインナップですね。

'17 NISSAN GT-R[R35] - GUACZILLA

'17 NISSAN GT-R[R35] - GUACZILLA

f:id:yusoanum:20190711013122j:image

2019年Cアソート、SPEED BLURセグメントから'17 NISSAN GT-R[R35] - GUACZILLAです。カリフォルニア出身のプロスクーターライダーで、有名YouTuberでもあるTanner Fox氏のGT-Rがモデルになっています。

 

f:id:yusoanum:20190711013145j:image

アボカドにインスパイアされてデザインしたボディ。確かにグリーンと濃いめのグレーがそれっぽいです。車名に付けた「GUACZILLA」は、メキシコのアボカド料理「GUACAMOLE」のモンスターを表しているそう。フロントは彩色が丁寧でいい表情しています。


f:id:yusoanum:20190711013137j:image

サイドは中央を境にグリーンとグレーの大胆な色使い。ホイールはJapanese-5SP。リムもグリーンで合わせています。実車も同じカラーリングです。


f:id:yusoanum:20190711013140j:image

リアはちょっと寂しいですね。ウイングの再現は無理だとしても、カラーは実車に合わせてダークグレーにして欲しかった。


f:id:yusoanum:20190711013143j:image

ボンネットはダークに。NACAダクトが塗り分けられているのが素晴らしい。


f:id:yusoanum:20190711013148j:image

後ろから。


f:id:yusoanum:20190711013151j:image

実車はさらにアグレッシブです。