ホットウィール エクステンド

ホットウィールの入手記録。

ホットウィール発売一覧

2019年

・Aアソート

・Bアソート

・Cアソート

・Dアソート

・Eアソート

・Fアソート

・Gアソート

・Hアソート

・CAR CALTURE Gulf Racing

・CAR CALTURE OPEN TRACK

・CAR CALTURE TEAM TRANSPORT MIX C

・POP CALTURE Disney

・Kmart Exclusive

・TARGET RED EDITIONS

・ZAMAC EDITIONS

・DETROIT MUSCLE

・BACKROAD RALLY

・AMERICAN PICKUP

・FAST & FURIOUS PREMIUM Fast Imports

・FAST & FURIOUS PREMIUM Original Fast

・Throwback

・REPLICA ENTERTAINMENT Mix M

・COLLECTOR EDITION

※この発売一覧は個人的に備忘用に使用するものであり、日本国内・国外で発売されているもの全てを網羅するものではございません。また、実際の発売とは異なるケースもございます。

TRACK RIPPER

TRACK RIPPER

f:id:yusoanum:20190518112013j:image

2019年Bアソート、SPEED BLURセグメントからTRACK RIPPERです。昨年デビューしたホットウィールオリジナルのマッスルカーが今年も登場。

 

f:id:yusoanum:20190518112027j:image

3作目となる今回はデザインが秀逸。謎車とはいえ、目新しいデザインが嫌でも目に入ります。フロントはシャープな目つきがクールで、スピードに絶対的な自信を持っていそう。そしてアクアカラーのバンパースポイラーが良く目立っています。


f:id:yusoanum:20190518112039j:image

サイドから。ブラックのボディにV字のような白いストライプが不規則に入ります。そこにアクアカラーのスカート、そしてピンクのY5ホイールと、ソフトトーンを大胆に合わせました。ホットウィールデザイナーの凄いのは、こういうお手本が無いような斬新なデザインが出来るところだと思います。


f:id:yusoanum:20190518112051j:image

リアもレーシングテイスト溢れる仕上がり。シンプルながらやはりカラーが効いてますね。

 

f:id:yusoanum:20190518112105j:image 

大きなリアウイング。ここも斜めにストライプが入ります。

 

f:id:yusoanum:20190518112126j:image

全面ホワイトのラインが複雑に交差しています。このデザインの発想が本当に凄い。ボンネットには52の数字。

 

f:id:yusoanum:20190518112137j:image

後ろから。

f:id:yusoanum:20190518112151j:image

f:id:yusoanum:20190518112200j:image

スポイラーは可動で上向きにすることが出来ます。TRACK RIPPERの名前が表すとおりコースを高速で走るので、先端がぶつからないようにするためでもあるようです。


f:id:yusoanum:20190518114921j:image

好みは分かれそうですが、面白い一台だと思います。

 

 

’67 SHELBY GT-500

’67 SHELBY GT-500

f:id:yusoanum:20190518105133j:image

2019年Bアソート、HW FLAMESセグメントから’67 SHELBY GT-500です。実車と比較するとだいぶ太いというか、ロングノーズのあのしなやかなシルエットは何処に。。と思ったのですが、これ「エレノア」と呼ばれるモデルだったんですね。ニコラスケイジ主演の映画「60セカンズ」の劇中車で、車泥棒の主人公がかつて唯一盗めなかった車種、言わばラスボスみたいな存在のようです。その車に付けた名前が「エレノア」だそう。

 

f:id:yusoanum:20190518105145j:image

なんだかもう、パワーが隠しきれていませんね。顔立ちが既に強いです。ただ、ヘッドランプやフォグランプ、グリル、それぞれパーツはしっかり作りこまれているものの、いまいちマスタングっぽく見えませんでした。なんだろう、全体的に縦に高い感じなのと、目尻の角度かなあ。


f:id:yusoanum:20190518105158j:image

サイドから。量は少な目ですが大柄のFLAMESが描かれています。ボディはもう少し伸びやかでも良かったかな。ちょっとずんぐりした感じに見えました。ホイールはMC5。マッスルカーによく似合います。前後でカラーが違うのも面白い。


f:id:yusoanum:20190518105209j:image

リアから。マスタングといえばファストバックスタイル。綺麗なラインです。テールランプが立体的で特徴的なモデルなので色を入れて欲しかったですが、仕方ないですね。


f:id:yusoanum:20190518105223j:image

ボンネットとルーフにも荒々しいFLAMES。

 

f:id:yusoanum:20190518105235j:image

ボンネットの大きなフードスクープがポイントです。エンジン凄い熱そう。


f:id:yusoanum:20190518105250j:image

後ろから。


f:id:yusoanum:20190518105305j:image

これを機会に60セカンズ観てみよう。

2019年メインライン Hアソート

2019年メインライン Hアソート

No 名前 セグメント TH 画像
172 5 ALARM HW RESCUE    
171 2018 HONDA CIVIC TYPE R NIGHTBURNERZ   f:id:yusoanum:20190518020536j:image
170 CROC ROD STREET BEASTS    
169 EEVIL WEEVIL STREET BEASTS    
168 RIG HEAT HW METRO    
167 MAZDA RX-7 HW SPEED GRAPHICS   f:id:yusoanum:20190518020557j:image
166 Z-ROD ROD SQUAD    
165 SKY BOAT EXPERIMOTORS   f:id:yusoanum:20190518020610j:image
164 '68 MERCURY COUGAR HW FLAMES STH  
164 '68 MERCURY COUGAR HW FLAMES    
163 HEAD STARTER EXPERIMOTORS TH  
162 McLAREN SENNA HW EXOTICS    
161 ROBORACE ROBOCAR HW RACE DAY    
73 ELECTRACK SUPER CHROMES    
71 '18 COPO CAMARO SS MUSCLE MANIA    
69 CUSTOM VOLKSWAGEN BEETLE VOLKSWAGEN    
68 VOLKSWAGEN GOLF MK2 VOLKSWAGEN    
67 '68 CHEVY NOVA HW SPEED GRAPHICS    
65 WHEELIE CHAIR HW RIDE-ONS    
64 '87 DODGE D100 BAJA BLAZERS    
63 MOTOSAURUS DINO RIDERS    
58 DUCATI 1199 PANIGALE HW MOTO    
56 '70 CHEVELLE SS WAGON HW FLAMES    
55 1978 DODGE LI'L RED EXPRESS TRUCK HW HOT TRUCKS    
54 NISSAN FAIRLADY Z NISSAN   f:id:yusoanum:20190518020630j:image
51 THE HAULINATOR EXPERIMOTORS    
26 '18 CAMARO SS HW SPEED GRAPHICS    
11 GAZELLA GT X-RAYCERS    

’69 FORD TORINO TALLADEGA

’69 FORD TORINO TALLADEGA

f:id:yusoanum:20190511232824j:image

2019年Bアソート、HW FLAMESセグメントから’69 FORD TORINO TALLADEGAです。NASCARレース参戦のため、1969年にだけ製造されたホモロゲーションモデル。名前は同年にアラバマにオープンしたTalladega Superspeedwayに因んだものだそうです。

 

f:id:yusoanum:20190511232838j:image

ベースとなった車種Fairlaneは、グリルとランプが埋め込み式でもう少し箱眼鏡っぽい顔をしているのですが、それだと空気抵抗が大きいので、出来るだけ凹凸のないように設計されています。ホットウィールだと少しわかりづらいかもしれませんが、確かにちょっとノーズが長くなっているのと、フロントがフラットに見える気がします。

 

f:id:yusoanum:20190511232858j:image

サイドから。どっしりとしたボディに深みのあるレッドが抜群の相性。ホワイトとオレンジのFLAMESも力強いです。車高をめいいっぱい下げたスタイルも格好良い。そしてなんといってもルーフからテールエンドまで傾斜するファストバックのラインがなんとも妖艶な感じがします。

 

f:id:yusoanum:20190511232908j:image

リアはレッド単色とメッキだけなのに、ここまで魅せてくれます。もともとこの車が放つ艶かしい雰囲気を損なわない絶妙なデフォルメ。2本のエギゾーストはV8を積んだマッスルカーのパワーの証。

 

f:id:yusoanum:20190511232926j:image

ボンネットは両サイドにFLAMES。似合いすぎて言葉がありません。

 

f:id:yusoanum:20190511232918j:image

後ろから。

 

f:id:yusoanum:20190511232941j:image

マッスルカーの力強さとボディラインの美しさを兼ね備えた素晴らしい一台だと思います。

’69 DODGE CHARGER DAYTONA

’69 DODGE CHARGER DAYTONA

f:id:yusoanum:20190510232911j:image

2019年Bアソート、HW FLAMESセグメントから’69 DODGE CHARGER DAYTONAです。NASCAR「Daytona 500」レースに参戦するためのホモロゲーションモデルとして製造されました。強力なV8エンジンを搭載したかなりパワフルなマシンです。映画「ワイルドスピード EURO MISSION」ではダークレッドカラーの同車が活躍しましたね。その印象が強い方も多いのでは。

 

f:id:yusoanum:20190510232922j:image

本作はブラックのボディを青白い炎が包むクールなデザイン。スラントノーズはレーシングカーゆえの空力設計を反映しています。リトラクタブルヘッドライトは炎で見えづらいものの、しっかり筋彫りしてあります。

 

f:id:yusoanum:20190510232931j:image

サイドから。初めてこの車を見た時は、なんだかミサイルみたいな、下手したら謎車なんじゃないかと思いました。ロングノーズの長いボディと突き刺さりそうな先端、そしてリアの大き過ぎるほどのウイング、どれもがダイナミックです。そして、波が流れるかのようなFLAMESが一層盛り上げてくれます。

 

f:id:yusoanum:20190510232940j:image

リアはやはりこの巨大なウイングでしょう。こんな大きいわけないよね、と思いきや実車も同じくらい大きくて驚きました。リアタイヤはレーシングカーっぽく太いです。

 

f:id:yusoanum:20190510232948j:image

長いボンネットは全面にFLAMES。デザインがクドくならない程度の丁度いい火力だと思います。

 

f:id:yusoanum:20190510232958j:image

後ろから。凄いスピードで吹っ飛んで行きそう。

 

f:id:yusoanum:20190510233007j:image

EURO MISSIONもう一回観よ。。